歯並びをきれいに|歯科矯正には最新鋭の治療方法が用いられています

歯科矯正には最新鋭の治療方法が用いられています

歯型

歯並びをきれいに

歯型

矯正歯科を快適に受ける方法について

矯正歯科は、歯並びをきれいにする治療を行います。歯を少しずつ動かしていくので、治療には年単位の時間が必要になります。自分で工夫することで、矯正歯科を快適に受ける方法があります。まずは、歯をきちんと磨くことです。矯正中は、装置が入っているために、歯が磨きにくい状態です。普段から歯磨きを意識して、なんとなく磨くのではなく、一本一本の歯に、毛先が当たっているかを確認することが大切になります。装置が入ったあとは、普通の歯ブラシではなくて、毛先が小さいものを使用するといいでしょう。装置が当たって痛みを感じるなど、不都合な点があれば、我慢するのではなくて、診察の時にいう事も大切です。装置は自分では動かすことはできませんが、歯科医院では調節が可能です。

目立たない矯正歯科の方法について

矯正歯科は、歯の表面に銀色のワイヤーをかけるイメージがあります。この方法は確実に歯並びを改善することができますが、目立ってしまうというデメリットがあります。そこで、矯正歯科では目立たない装置をつける方法があります。ワイヤーを白くする方法や、装置を歯の裏側につけることで、ぱっと見ただけでは装置をつけていることが分からない治療法があります。また、透明なマウスピースをつけることで、歯を動かしていく方法もあります。透明なので装着していてもほとんど分かりません。自分で取り外しができるので、食事や歯磨きのときは外していつも通りの生活をすることが可能です。ただ、歯並びによっては、希望する方法で矯正ができないことがあります。