虫歯治療だけじゃない|歯科矯正には最新鋭の治療方法が用いられています

歯科矯正には最新鋭の治療方法が用いられています

歯型

虫歯治療だけじゃない

院内

矯正歯科の装置の痛みなどについて

矯正歯科では、歯に装置をつけることで歯を少しずつ動かして歯並びを改善します。歯の表面に銀色のワイヤーがかけられているのを見たことがある人も多いでしょう。最近では銀ではなく、透明や白のワイヤーが開発されて目立たないように治療ができるようになりました。矯正歯科の装置は歯に痛みがあるというより、口の中の粘膜に違和感を与えます。慣れないうちは食べにくかったり、話しにくかったりします。しかし、激痛とまではいかない痛みで装着しているにつれて慣れていきます。個人差はありますが、一週間ほどで痛みが減少していく傾向にあります。装置が入っていることで、虫歯になりやすい状態なので歯磨きは念入りに行いましょう。

短期間で終える矯正歯科について

矯正歯科を受けたくても、治療期間の長さに困っている人が少なくありません。歯並びを良くするために2年、その後も後戻りしないように装置をつける必要があります。しかし、最近では短期間でできる矯正歯科が登場しました。手術をして顎の骨を切開し、中に海綿を入れることでスペースを作り、歯を早く動かす治療です。また、歯茎にインプラントを埋め込んでそこを支点に歯を引っ張ると言う方法もあります。どちらも手術が必要になりますが、今までの治療より早く歯並びを改善できるメリットがあります。また、透明なマウスピースを使って矯正する方法もあります。歯並びの状態によって治療方法はことなりますが、ワイヤーだけではない矯正方法があります。